ずっとずっと

学校を出て、15年間、ずっと同じ会社で仕事をしてきました。
決して器用な人間ではありませんし、他人を引っ張ってリードしていくなんてことはできませんが、自分に与えられた職務は全うしてきたと自負しています。
一見したところ、順調に見える私の歩みですが、5年前の交通事故から、やることなすこと、すべてが裏目に出るようになってきたのです。
友人に借金を申し込まれ踏み倒されたり、妻の長期入院で思わぬ費用がかかったり、踏んだり蹴ったりでした。
経済的にも圧迫され、心ならずも、闇金から借入をするまでに至りました。
おそろしいほどの金利負担がかかってくるのですが、とにかくお金がなければ生活ができませんので、やむを得ず、闇金からも借りたのです。
その高金利は想像を絶するものがありました。
毎月、返済をしているのですが、金利ばかりを支払っていて、元金は全く減っていないのです。
金利の返済だけでも青息吐息なのに、いつになっても闇金との縁が切れないのではないか、そんな不安が頭をもたげてきました。
そこで、勤務先の上司のすすめもあって、弁護士に相談してみたのです。
驚きの事実が判明しました。
今、闇金からは法律の定めを上回る金利で借入をしていましたので、その分は払い過ぎになり、取り戻せるというのです。
弁護士に計算してもらったら、なんと、今後の返済は一切必要なく、そればかりか、過払い金がこちらに返ってくる、というではありませんか。
今後は、闇金の取り立てにびくびくする必要はありません。
弁護士に相談して、本当に良かったと思います。

動機

私は、友達から誘われて、投資を始めることになりました。初めは順調だったものの、だんだん悪化していき、取り返すまでがんばろうとがんばっていたのですが、闇金からお金を借りてがんばっていたら、失敗して、負債を多く抱えられないくらいまでになってしまいました。
闇金からもお金を借りていたので、借金を返していくのがとても大変なので、債務整理相談をすることにしました。
債務整理相談をしたところ、とても親身になって聞いてくれて、債務整理をするにあたって、返していくためにしっかりと手続きしてもらうことができたので、本当に助かりました。
負債になったお金は返ってこないけど、しっかりとこれからお金を返していきたいと考えております。しっかりと返して早く借金がない毎日を送りたいと考えております。
相談したおかげで、本当にいい方向に向かうことができたので、本当によかったです。一人ではどうしても解決することができなかったので、解決することができたのは本当にうれしいです。返済に向かって目標を立てながら、借金をもうしないようにしていきたいとおもっております。
今回は本当に助けてもらって、債務j整理には本当に感謝しております。とてもよかったです。

パターン

お金の感覚がが麻痺してる人というのはどんな人達か。それついて少し触れてみます。何故ならそれが借金で浪費をしてしまう現実を引き起こしてしまうからです。それが狂ってしまう原因は人それぞれでしょうが、特に多いのががカードによるものです。カードを使用した場合引き落としにタイムラグが
あり、半ばお金は使っていないかのような錯覚を受けます。そんな理由のためカードやキャッシングによる金銭感覚の狂いからドツボにはまってしまう人もたくさんいますまたパチンコなども金銭感覚を狂わせる原因の一つになります。。パチンコをやっていると一万円なんてすぐなくなります。。たったの三十分で一万円から二万円の単位のお金をつぎ込む時点でちょっと狂っています。この感覚になってしまいますと、浪費も激しくなりがちなのです。パチンコで勝てばまたお金が沢山手に入るからって感じですね。 借金と浪費には気を付けましょう。

分析

借金で苦しんでいる人を分析すると、そのほとんどの人に借金が癖になってしまっている傾向が認められます。本来ならば、お金がなければ買えないわけで、これは当たり前です。買いたかったら、働いて収入を得て、足りなければお金を貯金するしかないのですが、その過程が面倒だと考えてしまい、手っ取り早くお金だけ手に入れたい。だから、借金をする、という傾向です。手っ取り早くお金が手に入る環境やサービスがあることも問題なのかもしれません。しかし、貸す方も商売ですし、いやならば、借りなければいいわけですから、自分の身は自分で守ることが大事になってきます。安易に貸してくれるからと言って借りていると、それは借金地獄の始まりです。計画性が大事と言われますが、人間は弱いものなので、そんなに計画的にできる人なんていないのです。では、どうすれば良いのか。決定的な対策は、簡単に借金ができる環境を断つことです。具体的にはカードを持たないこと。持っていると、どうしても安心して使ってしまいます。借金から立ち直ろうとしているのに、カードを持っていると、そのスタートが切れないわけです。カードを持たない。それが、借金癖を直
す第一歩です。